読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ChefでUbuntu 12.04にemacs 24.3をインストールする

Emacs Ubuntu Chef

Ubuntu 12.04 LTSは、各種パッケージのバージョンやデフォルトの設定に安心感があり、「本当に楽だ、4, 5年前のCentOSと同じくらい鉄板だ」というありがたみを毎日噛み締めております。

しかしながら、多少バージョンが古くて不満を抱くパッケージもなくはありません。その一つが emacsです。

開発サーバーとして使っていると、どうしても最新版に近いのemacsを使いたいので、今まではソースからコンパイルして入れたり、こちらの記事を参考にして、PPAから最新版をインストールしていたりしました。

自分のためにインストールするならば、まあ手動で入れればいいと思っていましたが、このChef, Vagrant全盛時代において、vagrant upしたらemacsがインストールされていなくてはならない」 「全チームメンバーにemacsを使わせないといけない」 ということを考えると、Chefでインストールするようにしないといけないと思って、上記のgihyoの記事と同じことをするレシピを書きました。(opscodeのemacsのcookbookも観たのですが、見なかったことにしました。)

それが、これです。

apt_repository "cassou-emacs" do
  uri "http://ppa.launchpad.net/cassou/emacs/ubuntu"
  distribution node['lsb']['codename']
  components ["main"]
  keyserver "keyserver.ubuntu.com"
  key "CEC45805"
end

%w{emacs24-nox}.each do |pkg|
  package pkg do
    action :install
  end
end

Chefのレシピにしたおかげで、Windows AzureでVMを立てた後も一瞬でemacsをインストール出来ました!ChefとWindows Azureは素晴らしいですね!!(Windows Azureのすてま)

ChefとEmacsの話とは全然関係ないですが、最近初めてWindows AzureはWindows Serverだけではなく、Ubuntu等のLinux Serverも使えるということを知って、この頃はAWSではなくWindows Azureを使っています。(Windows Azureのすてま)