読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tmuxのscreen-keys.confのtypo

tmux

もうscreenからtmuxに乗り換えて久しいのですが、長年使用してきたscreenのキーバインドが体に染み付いてしまい、screen互換にカスタマイズして使っております。カスタマイズと言っても、CentOS(EPEL?)のtmuxのRPMにある /usr/share/doc/tmux-{{ VERSION }}/examples/screen-keys.conf *1 にちょっと手を入れた程度ですが・・・

さて、そんなへたれtmuxユーザーなのですが、最近新しく開発サーバーを作るにあたって、RPMではなく最新版1.5のソースコードからインストールしてみることにしました。すると、長年使ってきたtmux.confが、

/home/perezvon/.tmux.conf: 29: usage: bind-key [-cnr] [-t key-table] key command [arguments]

のようなエラーになるではありませんか。さて、どうしたものか。

いろいろ調べたあげく、tmuxのこの変更以前のソースやパッケージに含まれているscreen-keys.confには、unbindであるべきところがbindになっている、という問題が原因であることが分かりました。

この変更を取り込んで、

# screen ^C c 
unbind ^C
bind ^C new-window
bind c
bind c new-window

だったところを、

# screen ^C c 
unbind ^C
bind ^C new-window
unbind c
bind c new-window

に変更したら解決。

これを機にtmux.confの設定について調べ、tmuxを極めて起業しようかと思ったのに、これだけで満足して終了。

*1:リンク先はtrunkなのでtypoは既に修正されています