読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

s3cmdを使ってS3にアクセスする

AWS

AWS Management ConsoleやFirefox拡張を使ってS3にアクセスする奴はゆとり(笑)。s3cmdが一番楽な気がするなぁ。

CentOSならばepelレポジトリを使うと簡単に入る。

$ sudo yum install s3cmd

最初に--configure~/.s3cfgを作る。

$ s3cmd --configure

Access KeyとSecret Keyといった情報を聞かれるのでそれを入力していく。基本的には--configureだけですぐに使い始められるが、Bucketを置くRegionによっては自分で~/.s3cfgに加える必要があるかもしれない。

基本的な使い方としては、

$ s3cmd ls s3://example.com

のようにlsでファイル一覧を表示。

$ s3cmd put 1px.gif s3://example.com

のようにputでファイルをアップロード。

$ s3cmd get s3://example.com/1px.gif

のようにgetでファイルを取得。

$ s3cmd del s3://example.com/1px.gif

でファイルを削除。

put, get, delは--recursiveオプションをつけて、

$ s3cmd get --recursive s3://example.com/images /path/to/download/dir

のようにすればフォルダー単位でも操作できる。

便利。