読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mobile-gadget-engine

Mobile OpenSocial

これが何なのかは次のエントリ以降で徐々にわかるようにするので、淡々と書く。

上記レポジトリからチェックアウト。

$ git clone git://github.com/csakatoku/mobile-gadget-engine.git

動作にはDjango1.0以上とlxmlが必要なので、あらかじめインストールしておく。

まず、mobile-gadget-engine/examples/thirdpartyに移動して、Djangoの開発サーバーを起動。

$ python manage.py runserver 0.0.0.0:9088

HTTPクライアントでポート9088を叩くと次のようなXMLが返ってくるはず。9088というのは次で言及するcontainerアプリケーション内にハードコーディングされているからで特に意味はない。この辺はぱっと作ったものなのでイケてない。

$ curl localhost:9088
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<Module>
  <ModulePrefs title="mobile gadget">
    <Require feature="opensocial-0.8" />
  </ModulePrefs>
  <Content type="html" view="profile"><![CDATA[
<h1>It works!</h1>
<p>Hello, profile view</p>
]]></Content>
  <Content type="html" view="canvas"><![CDATA[
<h1>It works!</h1>
<p>Hello, canvas view</p>
]]></Content>
</Module>

次に、別のターミナル/スクリーンでmobile-gadget-engine/examples/containerに移動して、開発サーバーを起動。mobilegadgetにPythonパスが通るようにすること。

$ cd mobile-gadget-engine/examples/container
$ PYTHONPATH=../.. python manage.py runserver 0.0.0.0:8000

HTTPクライアントで、http://localhost:8000/canvas/を確認すると、

$ curl http://localhost:8000/canvas/
<h1>It works!</h1>
<p>Hello, canvas view</p>

http://localhost:8000/profile/を確認すると、

curl http://localhost:8000/profile/
<h1>It works!</h1>
<p>Hello, profile view</p>

次エントリ以降で、このmobile-gadget-engineとは一体何のかを解説する。


慣れていないのにgithubとか使って涙目。普通にbitbucketにしとけばよかった。でも、gitにも慣れておかないといかんしなぁ。