読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

http_date

Werkzeug Django

今後は、

  • django.contrib.*が必要ない
    • 特にdjango.contrib.session
  • Djangoのシグナルが必要がない
  • django.templateを使う必要がない
  • django.dbが・・・以下略

に該当するアプリケーションはWerkzuegに置き換えていこうと思う(・・・かな。書いているそばから無駄に思えてきた)。該当するものは、

  • 画像生成
  • API(セッションを使わないから)

とか。

最初の一歩として、

from django.utils.http import http_date

を、

from werkzeug import http_date

に置き換えた!び、微妙な変更だ。

Django版と違ってWerkzeug版のhttp_dateの方は引数にdatetime.datetimeオブジェクトを与えることができる。あとWerkzeugの方はmitsuhikoの嫌いな?標準ライブラリは使っていないみたいだ。

>>> import datetime
>>> from werkzeug.utils import http_date as werkzeug_http_date
>>> werkzeug_http_date(datetime.datetime.now())
'Sun, 08 Mar 2009 19:39:57 GMT'
>>> from django.utils.http import http_date as django_http_date
>>> django_http_date(datetime.dateime.now())
Traceback (most recent call last):
...
TypeError: a float is required