読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーザ・バーチャルホストの追加

RabbitMQ

サーバ管理者ガイドをみながら、ざっとコマンドを確認。

ユーザの列挙

"list_users"でユーザを列挙する。初期状態ではguestだけのはず。

$ sudo /usr/sbin/rabbitmqctl list_users
Listing users ...
guest
...done.

ユーザを追加する

"add_user "でユーザを追加。

$ sudo /usr/sbin/rabbitmqctl add_user scott tiger
Creating user "scott" ...
...done.

ユーザを削除する

"delete_user"でユーザを削除。

$ sudo /usr/sbin/rabbitmqctl delete_user guest
Deleting user "guest" ...
...done.

パスワードを変更

"change_password "でパスワードを変更。

sudo /usr/sbin/rabbitmqctl change_password scott tonythetiger
Changing password for user "scott" ...
...done.

バーチャルホストを確認する

ユーザを追加すればブローカーに接続できるのかと思ったら、バーチャルホストとユーザの対応付けを行わないといけないらしい。既存のバーチャルホストを列挙するには、"list_vhosts"。初期状態では"/"というバーチャルホストだけが登録されていた。

sudo /usr/sbin/rabbitmqctl list_vhosts
Listing vhosts ...
/
...done.

バーチャルホストとユーザの対応付け

"map_user_vhost"で先ほど作成したscottをバーチャルホスト/に対応付ける。

$ sudo /usr/sbin/rabbitmqctl map_user_vhost scott /
Mapping user "scott" to vhost "/" ...
...done.

バーチャルホストとユーザの対応付けを確認

あるユーザのバーチャルホストを列挙するには、"list_user_vhosts "

$ sudo /usr/sbin/rabbitmqctl list_user_vhosts scott
Listing vhosts for user "scott" ...
/
...done.

逆に、あるバーチャルホストのユーザを列挙するには、"list_vhost_users "

sudo /usr/sbin/rabbitmqctl list_vhost_users /
Listing users for vhosts "/" ...
scott
...done.