問題を調査するとき

環境変数にESTDBGFD=0等を設定しておくとエラーが発生した場所が分かる。

$ ESTDBGFD=0 estmaster start casket

あとはソースコードを読むだけ。