読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bittenにやられた

Trac

Bitten
http://bitten.edgewall.org/

BittenはTracで有名なedgewallによって開発されている継続的テストツール。Tracのプラグインとして使う。このプロジェクトのうたい文句を信じるならば、Pythonのunittestモジュール、JavaのAnt/JUnitPHPのPhing/PHPUnit等をバックエンドとして使いつつ、Trac上で継続的テストの管理ができるという。


・・・が、2008/2/11現在、このアプリケーションのHEADリビジョンとTrac 0.11のHEADリビジョンの組み合わせはどう頑張っても動かない気がする。実際のところ、開発も2ヶ月くらい前から止まっている。

http://bitten.edgewall.org/browser/trunk


事の真相は、プロジェクトが放棄されたということではなく、開発者のChristopher Lenzに子供ができたということらしい。そうでなくても、Christopher Lenzは、Genshiとか他にもプロジェクトを抱えているからなぁ。


「子供ができてプロジェクトにコミットできなくなった」という話を聞いて、RMSの話を思い出したが、僕はリチャード・ストールマンのような天才では全くないし、ストールマンよりは多少まともな人間であると信じているし、結局のところ僕が敬愛するPythonプログラマの一人であるChristopher Lenzの幸福を祝わざるを得ない。おめでとう、Chris!(3ヶ月程遅いけど)


それはともかく、一番はまったのは、Trac 0.11がclearsilverに依存しないのに対して、BittenのHEADリビジョンでもclearsilverが必要なこと。もし、無理やりでもBittenを動かしたいという方がいるならば、この点は注意していただきたい。