読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Migrateの応急処置

SQLAlchemy

MigrateはSQLAchemy 0.4では動作しません。
が、次のような応急処置を施せば、動作させることが可能です。

  1. SQLAlchemyのダウンロードページから0.3.10をダウンロード。
  2. 配布物を解凍して、適当なディレクトリに置く。
  3. Migrateレポジトリ/manage.pyの先頭に次のように追加し、sys.pathにSQLAlchemy 0.3.10のパスを追加。必ずsys.path.insert(0, 'path')のようにして、0.3.10が先に読み込まれるようにする。
#!/usr/bin/python
import os
import sys
sys.path.insert(0, '/path/to/sqlalchemy_0_3_10')

from migrate.versioning.shell import main

main(url='mysql://username:password@localhost/dbname?charset=utf8',repository='db_repository')

僕の場合、環境によってSQLAlchemy 0.3.10を置いてある場所が異なるので、環境変数を使って、次のようにパスを設定しています。

import os
import sys
sys.path.insert(0, os.envirion['SQLALCHEMY03_PATH'])