読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shell commands

Erlang

 Erlang練習帳。


Shell Commands
http://erlang.org/course/sequential_programming.html#shell


h()で、直近の20コマンドを表示する。

1> X = 1.
1
2> Y = 2.
2
3> Z = 3.
3
4> h().
1: X = 1
-> 1
2: Y = 2
-> 2
3: Z = 3
-> 3
ok


b()で、束縛された変数を表示。

1> X = 1, Y = 2, Z = 3.
3
2> b().
X = 1
Y = 2
Z = 3
ok


f(Var)で、束縛された変数を消去。

3> f(Z).
ok
4> b().
X = 1
Y = 2
ok


f()で、すべての束縛された変数を消去。

5> f().
ok
6> b().
ok


e(-1)で一つ前の式を再評価。

1> date().
{2007,4,29}
2> e(-1).
{2007,4,29}


e(n)で、履歴のn番目の式を再評価。

1> date().
{2007,4,29}
2> time().
{6,47,28}
3> e(1).
{2007,4,29}
4> e(2).
{6,47,34}