読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Deliverance

Python XML

 Pythonとlibxmlを使ったちょっと興味を引かれるソフトウェア。

Deliverance
http://www.openplans.org/projects/deliverance


 Introductionをざっと眺めた限り、XMLベースのコンテンツにXSLTXPath, XIncludeを使ってテーマを適用するためのソフトフェアのようです。Apache Cocoonに近いイメージでしょうか?
「コマンドラインからコンテンツにテーマを適用する」、「プロクシとして使う」、「WSGIミドルウェアとして使う」、といった使い方があるようなので、コマンドライン、もしくはプロクシとして使った場合、上流のコンテンツは動的・静的を問わず、どんなXML/XHTMLでも大丈夫そう。


 プログラマ的視点から見れば、「元のアプリケーションのベーステンプレートを変更すればいいのでは?」という気もしますが、Deliveranceの主眼は、そのようなアプローチを避けて、「コンテンツの生成」と「コンテンツの配布」を分離することにある、とのこと。
 どんなCMSを使っているか、どんなテンプレート言語を使っているかは、Webデザインとは関係ないんだ、という主張は、それはそれで正しいと思います。Deliverance的なアプローチの方が、生産性が上がるという主張に対しては、確信が持てませんが。


 いずれにせよ、XML好きとしては見過ごせない存在です。ただ、libxml, libxlst, lxmlが必要だったり、Subversionレポジトリからソースを取得しなくてはいけなかったりと、インストールにちょっと時間がかかりそうなので、また後日試してみたいと思います。