読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pasteを使ってパッケージを作成する

Python

 Python Pasteを試していて、"paster create"という便利なコマンドを知りました。


 Paste, PasteScriptをインストールすると、PYTHON_HOME/binに"paster"というスクリプトが作られます。
 これは本来、Webアプリケーションのデプロイとインストールを扱うためのコマンドですが、Pythonのモジュールを新しく作成する場合にも非常に便利です。


 使い方としては、コマンドラインから、次のように実行します。

$ paster create


 実行すると、モジュール作成のウィザードが開始されます。

$ paster create
Selected and implied templates:
  PasteScript#basic_package  A basic setuptools-enabled package

Enter project name: mymodule
Variables:
  egg:      mymodule
  package:  mymodule
  project:  mymodule
Enter version (Version (like 0.1)) ['']: 0.1
Enter description (One-line description of the package) ['']: Test module

... 以下略

 ウィザードを進めていくと、setuptoolsを使ったパッケージの配布に必要なファイル群が自動的に作成されます。



 いままで、パッケージを作成するときには、既存のパッケージをコピー&ペーストして作っていましたが、これからはpasterを活用していこうと思います。
 paster createコマンドは、テンプレートを指定することで、setuptools以外のパッケージも作成できるようです。
 インストールされているテンプレートを表示するには、次のコマンドを使用します。

paster create --list-templates

 例えば、TurboGearsのプロジェクトならば、次のように作成するようです。まあ、実際はtg-adminを使うでしょうが・・。

paster create --template=turbogears myapp


 肝心のPasteのWeb, wsgi関連の機能なのですが、まだ、いまいち分かっていません。orz